今日は、こんな日。    ~ プチミュゼ店主の日日のこと+猫二匹~


by petitmusee

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Petit Musée Online Shop





petit_museeをフォローしましょう

Petit Musée

東京都小平市上水新町2-1-5
Tel & Fax 042-346-5723
実店舗営業日時
木曜日・金曜日・土曜日 
11:00~18:00
(臨時休業の場合もありますので、営業カレンダーでご確認下さいますよう、お願い致します。)

カテゴリ

全体
プチミュゼのおしらせ
骨董市出店の様子
小さな「紙モノとレースの会」
Special 特集商品について
dōTERRA(ドテラ)
ウチの看板猫さん達
買付け旅行
暮らしノート
小庭便り
美味しい話
映画って!
もっと本を
偏り音楽生活
美しい紙とレースを訪ねる一日
フランス、古い紙の愉しみ
グラヴールスターンの紙の世界
アクセサリーとハンカチフェア
古い紙とがらくた、秋の市
フランス、古い紙のこころ2
フランス、古い紙のこころ
11歳の夏休みへ。
旅のみちづれ展
あおときいろ屋

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ブログパーツ

検索

最新のコメント

実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 05:18
マルセルさん、そうです〜..
by petitmusee at 19:08
ご来店、ありがとうござい..
by マルセル at 12:23
とても魅力的な記事でした..
by カバーレター at 14:45
plus ai さん、反..
by petitmusee at 11:08

フォロー中のブログ

Syumizin / 茶藝館
フランス暮らし
weekend books 
illustration...
one thing
plus ai
木曜日のベンチ
francegum on...
Parler de ch...
keino glass ...
古い紙のこころ
陶と生活
喫茶はるねこ
つ づ れ お り
le lion **刺し...
モグののぞき穴~バラのある庭~
きょうもヨガ日和
伝統工芸品のつぶやき
Dentelles An...
マドレーヌの日誌~dep...
matin frais
kiri-hari Ev...
ロンドンでの古物探索録

ライフログ

DVD





BOOK





CD







記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
猫

画像一覧

カテゴリ:もっと本を( 27 )

「雪がふっている」

e0055358_00153426.jpg
雪がふるかもと言われ、寒いのは嫌いなのに、少しだけ楽しみにしていた今日、少し前に手に入れていた「雪がふっている」のページを初めて開きました。

絵はないのに絵本と呼んでいますと、翻訳をされた青木恵都さんが言っていた意味がわかりました。文字を追って行くと白いページから浮き上がってくるようで、わくわく楽しくなってきました。

手縫い製本の、手にしたときの暖かみも嬉しい。寒い寒い、この季節に素敵な一冊です。「夜の木」に続く、タムラ堂さん二冊目も大切な絵本になりました。



by petitmusee | 2014-01-15 23:59 | もっと本を | Comments(0)

「 藤田嗣治と愛書都市パリ -花ひらく挿絵本の世紀-」に、行ってきました。

e0055358_165385.jpg

松涛美術館で開催中の、 「藤田嗣治と愛書都市パリ -花ひらく挿絵本の世紀-」に行ってきました。

楽しくて、何度もぐるぐる見てしまいました。藤田が、本というものを、どれだけ大切に感じていたかが感じられる、いつもと違う切り口での挿画、装丁、イラストなど沢山。見応えがあります。展示されていた猫の本、「Night and the Cat 」が、欲しくなった!

昨日は仕事で都心に出たので、たまには寄り道をと、更に日本橋の高島屋にも。(数年、都会の喧騒からは、すぐに逃げかえるので、私の寄り道はとても珍しいのです。)精進料理教室で、出来栄えの美しさが違うと聞き、買うなら有次のものと思って、やっと玉子どうふ器と言うの?あのステンレスの型と、抜き型を一つだけ買いました。今まで、家にあるパウンド型(!)などで代用していたので、ホント嬉しいな。(東京では、日本橋高島屋でしか買えないと聞いたのですが、そうなのかしら?)

日本橋高島屋への目的は、もうひとつ。話題のバーナード・リーチ展民芸展へも。

藤田嗣治もバーナード・リーチも、東への、西との、憧れや郷愁、その融合が作品となるから、こころに添うのかなと思いながら堪能して来ました。

また、都会にも行こうっと。


by petitmusee | 2012-08-30 16:45 | もっと本を | Comments(0)

「夜の木」

e0055358_15113527.jpg

なんて素敵な絵本でしょう。

今週の仏語レッスンで着いたescalier.Cのテーブル脇に立てかけられた一冊「夜の木」
明らかに素朴な手作り製本と分かる、その絵本を手に取り、ページを開いて、その色彩と作風か筆触か、とにかく心奪われました。

絵本は、すべて手漉きの紙に、シルクスクリーンなんですって。なんたる贅沢!「ここで売っているの?買います!」と、即決。

オーナーもフランス語講師のArnaudも絶賛の、すぐ近くのOUTBOUNDさんでは「夜の木」の展示をしていると聞いたのだけど、仏語レッスンで、ほぼ毎週出掛ける吉祥寺だというのに、たいてい、寄り道ナシのとんぼ帰りです。
今週も例に洩れず、「今度、誰かと来た時に展示は行こう!」と帰ってきましたが、残念、展示は27日まででした。

でも、この絵本だけでも十分。お話も、力強くて、何時どのページを捲っても楽しめそう。
by petitmusee | 2012-08-27 23:59 | もっと本を | Comments(0)

センダックさん、安らかに。

モーリス・センダックさん、昨日死去のニュース。寂しいな・・・。

出会いは30年位前、本屋さんで手に取った、この岩波子どもの本「あなはほるもの おっこちるとこ」

センダックさんのお話も好きだけれど、やっぱり絵!いつだって可愛くて、ワクワクしちゃう。
e0055358_1747345.jpg
はなは こすりあわせるもの

これは?

e0055358_1747540.jpg
いぬは ひとを なめる どうぶつ 

の絵。

たくさんのワクワク、ドキドキをありがとう。どうぞ安らかに。

by petitmusee | 2012-05-09 17:59 | もっと本を | Comments(0)

「Olive」の行き先。

9月になりました。

6月から始めた、我が家の断捨離。8月末日には終えたい!と、思うも、あと一歩叶わず。しかし、一番の難所、「本丸」とも言われた(夫に)、お店の在庫部屋も、棚の組み換えを行い、蟹歩きなしでスムーズに動けるようになり、本当にあと一歩。

色んなモノを処分した中で、長年、大切に保管していた「Olive」も旅立ちました。一括して、買い取って下さったのは、 食と暮らしの本屋 eclipse plus さん。

どうしよー、近所の本屋さんじゃ、「この思い」理解してもらえないだろうしなぁ・・・と思ったところ、「Olive」博物館なる特集を発見。ああ、こちらなら、大切にして下さる。もう金額じゃなく、ここにお願いしようと思ったのです。(十分な査定金額でお買取頂きましたが。)

e0055358_19372473.jpg
「Olive」に関しても、現在、作業中。他にも、「Olive」の買い取が沢山あったらしく、9日以降、アップされるそうですよー。私も、これからは、HP拝見して楽しもう。

そして、まだまだ絞れる、我が家の実用書本棚。eclipse plusさんテイストと大分重なります。また、お世話になりそうです。

旅立つ前の「Olive」240冊。沢山の夢をありがとう。そして、また大切にしてくれる方の元へ!
by petitmusee | 2011-09-02 19:54 | もっと本を | Comments(2)

私だけの、マンディアルグ全集。

e0055358_2135966.jpg
どんな書体が似合うかな?

フランスで仕入れた、古い透かし入りの紙に、マンディアルグの小説タイトルを、あれこれ試しにプリント。家庭用のインクジェットプリンターでも、良い感じに乗るんです。

e0055358_2141163.jpg
電車で遠出の時、旅の時、等、持って行きたくなるマンディアルグを、コンパクトな全集で持てたら、という気持ちと、キレイな色の本を並べたいという思いで、新書サイズの白水Uブックス(今は、買えないのもあるのかも。)手持ちの8冊を、製本教室に持ち込み、布張りハードカバーな自分だけの全集にしました。(「海の百合」も含まれていたら、もっと良かったんですが。)

栞も全部、違う色に変えてみたり。製本クロスと共に、製本先生の持ち物より。

e0055358_214513.jpg
並んで、とても嬉しい。勿体なくて、まだバッグに放り込んでのお出掛けは無理っぽいですのですが。

「猫のムトンさま」は、猫飼いになったので、古本屋さんにて購入。マンディアルグの処女作とも言われているらしい。が、未読。楽しみだわん。

そして、製本教室では、10年日記の制作に入ったのです・・・ぐふっ、楽しい。

by petitmusee | 2011-02-17 23:59 | もっと本を | Comments(0)

自然のレッスン

e0055358_235630.jpg忙しい時・やらなくてはいけない事(決算など)がある時に限って、他に仕事(今は、家内の大移動)を増やしてしまい・・・2月は・・・3月上旬?中旬?までは、おそらくお休みの日が無さそう。

苦手なことは後回しがちなので、楽しい時の方が長いのですが、後伸ばしにしすぎては、ハラハラドキドキ。

(大好きな仕事、「サイト更新」は、明後日木曜日の予定。)

そんなときにピッタリな一冊。オーラソーマの先生が教えてくれた「自然のレッスン」

どのページを開いても、分かりやすい言葉が素直に入ってくる。

ハラハラ、ドキドキが、イライラに変わる前に・・・、今日の疲れは、ゆっくり休んで、また明日頑張ろう!と、微笑みを持って眠ることが出来るのです。
e0055358_2351630.jpg
本の表紙の様子も可愛いけれど、カバーや裏表紙の様子も素敵。いつも傍に置いておくのに、これ重要。

by petitmusee | 2009-02-10 23:26 | もっと本を | Comments(2)

寒い季節になると・・・、

e0055358_23151089.jpgなぜか、ゆっくり開きたくなる絵本。

「ワニのオーケストラ入門」「カエルのバレエ入門 」

オケにもバレエにも縁がない私だけど、暖かい部屋に飲み物を用意してページを開くと、「いろは」を学んで、ちょっと仲間入りした気分になる。そして背筋が伸びるのです。ワニもカエルも、憎たらしい表情なのに、繊細なのが良い。

今日は、日中、あんなに暖かだったのに、急に冷えてきた。そうしたら、この絵本を思い出したのです。買ったのは20年以上前で、岩波のカタログの小さな表紙写真で、これは面白いはずと思って注文した、本屋さんでのバイト時代の話です。

明日は、お休みなので、ベッドでゆっくり読みなおそう。(あ、クリスマス前の到着が嬉しいかと思うので、発送だけはしますからね。)
by petitmusee | 2008-12-22 23:31 | もっと本を | Comments(0)

なんの因果か...。

e0055358_12464970.jpg私が風邪を引いた日と同じ日に、夫がぎっくり腰になる。

去年の12月から、これで3回目。

この短い間に、3回も風邪を引き、3回もぎっくり腰になるだけでも問題なのに、それが同じ時ってのが、お互いの治りを辛く、遅く、させてしまう。

今回は、珍しく熱も出たので、仕事は最低限に寝込んでしまった。朦朧とした頭で、「みだらな扉」(マンディアルグ)なんぞ読んでいたら、更に朦朧として、幻想世界との切れ目が不明となり、とても心地よかったです。

今日から、徐々に(二人とも)普通生活。根本的生活の改変が急務なようです。
by petitmusee | 2008-05-09 12:58 | もっと本を | Comments(0)

Le Lis de mer

e0055358_22355962.jpg春ですね。気がつくと、ご近所のお庭の梅の花も咲いていました。自転車での帰り道、ついつい遠回りしたくなりました。

眠りにつく前の、読書タイムの気持ちは、すでに春を飛び越え、夏に。気に入ると、いくつでも持ちたくなってしまうのが、私の癖。マンディアルグの「海の百合」は、気がつくと三冊になりました。今は、絶版になっているこの本。なんて、もったいないんでしょう。

古い2冊は、去年一冊、今年一冊、百年で見つけました。(どちらも500円位のお手頃価格だったような...手に入りやすいとしたら、是非、読んで欲しい。)この湿度と匂いが、たまらなくて、何度読んでも、読み出すと眠れません。

今、気になる仕事を残しつつ、ベッドに入っても眠れなく、読み出すと止められません。そして睡眠不足の悪循環。でも、こんな感覚を味わえる別のお話を、探しています。リゾート地で読むのが夢です。

そして今日は、フランス語レッスンに向かう途中、JR駅改札脇の吉祥寺ロンロンの催事場で、ワコールバーゲン発見!STUDIO FIVEの下着をまとめ買いしました。気に入ると、いくつでも持ちたくなる癖を発揮して....(しかも三分の一以下のプライスとくれば、)消耗品なので15枚。最近、シンプルなベージュばかりだったので、ちとストレス発散も兼ねました。レッスン時、仲間に「爆買いして帰る。」と公言した通りです。(バーゲン会場ですが、STUDIO FIVEやSaluteから、バコバコ売れている様子でしたので、今は残り少ないかもです。)
by petitmusee | 2008-03-04 23:17 | もっと本を | Comments(0)