今日は、こんな日。    ~ プチミュゼ店主の日日のこと+猫二匹~


by petitmusee

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Petit Musée Online Shop





petit_museeをフォローしましょう

Petit Musée

東京都小平市上水新町2-1-5
Tel & Fax 042-346-5723
実店舗営業日時
木曜日・金曜日・土曜日 
11:00~18:00
(臨時休業の場合もありますので、営業カレンダーでご確認下さいますよう、お願い致します。)

カテゴリ

全体
プチミュゼのおしらせ
骨董市出店の様子
小さな「紙モノとレースの会」
Special 特集商品について
dōTERRA(ドテラ)
ウチの看板猫さん達
買付け旅行
暮らしノート
小庭便り
美味しい話
映画って!
もっと本を
偏り音楽生活
美しい紙とレースを訪ねる一日
フランス、古い紙の愉しみ
グラヴールスターンの紙の世界
アクセサリーとハンカチフェア
古い紙とがらくた、秋の市
フランス、古い紙のこころ2
フランス、古い紙のこころ
11歳の夏休みへ。
旅のみちづれ展
あおときいろ屋

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
more...

ブログパーツ

検索

最新のコメント

実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 05:18
マルセルさん、そうです〜..
by petitmusee at 19:08
ご来店、ありがとうござい..
by マルセル at 12:23
とても魅力的な記事でした..
by カバーレター at 14:45
plus ai さん、反..
by petitmusee at 11:08

フォロー中のブログ

Syumizin / 茶藝館
フランス暮らし
weekend books 
illustration...
one thing
plus ai
木曜日のベンチ
francegum on...
Parler de ch...
keino glass ...
古い紙のこころ
陶と生活
喫茶はるねこ
つ づ れ お り
le lion **刺し...
モグののぞき穴~バラのある庭~
きょうもヨガ日和
伝統工芸品のつぶやき
Dentelles An...
マドレーヌの日誌~dep...
matin frais
kiri-hari Ev...
ロンドンでの古物探索録

ライフログ

DVD





BOOK





CD







記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
猫

画像一覧

カテゴリ:美しい紙とレースを訪ねる一日( 11 )

「美しい紙とレースを訪ねる一日」ありがとうございました。

「美しい紙とレースを訪ねる一日」、無事に終了致しました。
e0055358_10593796.jpg
昼を想った、古本屋さんのweekend books さん。

(画像は、Sternのモノグラムサンプルを額に留め、壁面に飾ったもの。)

e0055358_10593589.jpg
夜の部屋は、ワインバーのwaltz.さん。

(画像は、食品の袋やパッケージなどを並べたコーナー。)


会場の二つのお店は、とても素敵な空間で、いらっしゃる客様は暖かく、きっと普段からとても幸せな気持ちになられるのだろうと想像できました。実際、お会い出来たお客様の目はキラキラと、時にはキャーキャー!と声を出して下さり、本当に嬉しく(お持ちした紙やレースまでもが、なんだか誇らしそうに!)思いました。

素敵な一週間を提供、大きく応援下さった、weekend booksさん、waltz.さん、今回も協力してくれたBACCOさん、そしてそして、ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました。

また紙とレースを探す旅をして、心に灯りを点すように、ゆっくりと楽しんで頂く時間を作って行きたいと思います。
by petitmusee | 2013-03-26 11:28 | 美しい紙とレースを訪ねる一日 | Comments(0)

「美しい紙とレースを訪ねる一日」会期の終わりに向けて。

沼津・三島での「美しい紙とレースを訪ねる一日」の一週間の会期も、いよいよ土日を残すのみとなって参りました。沢山の方に、お運び頂いているそうで、感謝の気持ちでいっぱいですが、この機会に、静岡東部の方も、もっと遠方の方も、一度見て下さった方も二度・三度と見て頂けたら嬉しいです。

そんな気持ちで、並んでいるお品を、(とくに贅沢な紙とレースを!)ひとつずつご紹介させて下さいね。
e0055358_2183966.jpg
weekend booksさんに並んでいるのは、一針一針を手で差して作られた、こんなレースも。どんな時の流れ方をしていたのだろうと、驚かされてしまう、丁寧で細やかなお仕事。鋏を入れられず、そのまま10m以上の長さがあるものが多いので、ドレスなどに使って下さる方がいたら素敵だろうなぁと想像しています。
e0055358_2183458.jpg
waltz.さんには、いくつか置いてあるのは、古いプログラムやメニュー。印刷物とはいえ、銅板画のような美しさ。これは「OBSERVATOIRE DE PARIS 25 Juillet 1900」とあります。OBSERVATOIRE DE PARISは、1667年から続くパリ天文台。中身は、演奏会のプログラムになっており、1900年7月25日、そこにどんな時間があったのかという夢が広がります。

古い紙やレースを、じっと眺めていると、空想ではありますが、タイムマシンに乗ったような気持ちになることが。そんな思いを共有できたら嬉しいです。

最終日には、プチミュゼが、日中はweekend booksさん、夜はwaltz.さんの店頭に参ります。質問やおしゃべりなど、どうぞお気軽に。楽しみにしております。

::::::::::::::::::::::::::::


「美しい紙とレースを訪ねる一日〜フランス、古物の愉しみ〜」


フランスで探しあてた、
古く美しい紙とレースの展示販売会を開きます。

光と影、昼の家と夜の家、
二つの会場は異なるイメージで設いを致します。

e0055358_0154098.jpg
Maison de la Lumière「光の家」
古本のweekend booksさんでは、手紙や文具、香水にまつわる紙モノに、ハンカチーフや素材としてのレース等、昼の動きを感じる品々を。

e0055358_0155333.jpg
Chambre à l'ombre「影の部屋」
ワインバーのwaltz.さんでは、お酒や食べ物のラベルやプログラム、テーブル周りのレースやパーティー手袋など、夜を思わせる物達を。

経過してきた年月、一日を流れる時間、二つの空間を、旅するように訪ねて頂けますように。


美しい紙とレースを訪ねる一日〜フランス、古物の愉しみ〜

2013年3月17日(日)→ 24日(日)

Maison de la Lumière
weekend books 展示室
開館時間|10時〜16時(初日のみ12時開館) 期間中無休
静岡県沼津市大岡509-1
T 055.951.4102

Chambre à l'ombre
waltz. ディレッタントカフェの3F
開室時間|12時〜17時 休室日|火曜日
(但し、初日は12時〜23時30分、金・土・日は20時〜23時30分 見学・販売可)
静岡県三島市緑町1-1 3F
T 080.3643.3098


主催/プチミュゼ 協力/BACCO

by petitmusee | 2013-03-22 21:38 | 美しい紙とレースを訪ねる一日 | Comments(0)

「美しい紙とレースを訪ねる一日」番外編?

今日は、開催中の「美しい紙とレースを訪ねる一日」会場でのお楽しみをご案内。
e0055358_2391238.jpg
waltz.さんでは、特製のフランス焼き菓子を販売されています。(初日に伺った時は、ワインの方に走ってしまい・・・食べ忘れてしまって後悔!)

e0055358_2391535.jpg
weekend booksさんでは、いつものirodoriさんのお菓子の他に、Petit-Pontさんの「フランスの素朴な焼き菓子セット」をお持ち帰りの形で。(ますは、くるみのクッキーを食べてみた。香ばしい♪)

どちらも売り切れていたら、ごめんなさい。是非、紙やレースとご一緒に。美味しいは、幸せですよね♡

by petitmusee | 2013-03-20 23:08 | 美しい紙とレースを訪ねる一日 | Comments(0)

開催中!美しい紙とレースを訪ねる一日。

今週、日曜日より始まりました「美しい紙とレースを訪ねる一日」。
初日、会場二店に行って参りました。皆さん、ゆっくり、じっくり見て下さり、沼津のSu-haさんでの開催から、ずっと待ってましたと訪ねて下さる方も多く、嬉しかった!(そして嬉しすぎて、ワタワタして写真も撮っていなかった・・・またしても。なので、)ちょっと様子だけ。

e0055358_187443.jpg
昼、weekend booksさんでの、BACCOコレクション。その前には、レースを広げています。

e0055358_187952.jpg
レターセットが並ぶところで、熱心に写真を撮っているMHさんは、二年半前からコレクションを増やして下さっています。夜の会にも来て下さり、ずっと虫眼鏡を持たれてました(^_^)。

e0055358_1871531.jpg
weekend booksさんでは、Sternで印刷された「日本人初の紙の名刺」も展示しています。


weekend booksさんのDiaryでは、美しくご紹介下さっています。是非、そちらも・・・!



e0055358_1871970.jpg
そして、夜はWaltz.さんへ。ガラス扉の向こう、ギャラリーの中、ちょっと撮れずでした。熱気、伝わるでしょうか?

e0055358_18730100.jpg
なので「お話し会」前の、Waltz.店内と、準備中のスタッフさん。

・・・・その後は、飲んだり、食べたり、話したり・・・に楽しく忙しく。


そして、次の日曜日まで、会は続いて行きます。






e0055358_1873454.jpg
皆さん帰られてからの様子を少しご紹介。
スタッフ君のギターに、Waltz.店主も、「今日は、いくつ料理したか、分からない!!」とお疲れ様の1Fの#dilettante cafe店主も、二人にっこり。

e0055358_1873661.jpg
そして、初めて聴かせてもらったWaltz.店主の演奏〜。丸いギターの音、優しく美しい歌声。あぁ(この頃、すでにam2:00・・・)素敵な夜をありがとうございました。

by petitmusee | 2013-03-19 18:44 | 美しい紙とレースを訪ねる一日 | Comments(0)

明日からです「美しい紙とレースを訪ねる一日」。

明日からとなりました、「美しい紙とレースを訪ねる一日」。一昨日、BACCOの二人と、夫も助っ人に駆り出し、二つのお店に搬入してきました。(しかし、写真は今一歩撮れてなかったぁ・・・。)
e0055358_1003729.jpg
waltz.さんのギャラリーでは、美しいパーティーのプログラムなども見て欲しいし。

e0055358_1003566.jpg
部屋での寛ぎをイメージした、レースや化粧品、ナイティなども。

e0055358_1004025.jpg
撮れていたのは、#dilettantecafeの入り口。素敵。


e0055358_100321.jpg
そして、weekend booksさんの店内から展示室を覗く感じ。

e0055358_1002628.jpg
子供のためのゲームから、歴史を感じる印刷物まで、いろいろ並べてきました。

明日の朝、また少し足したり整えたりして始まります。

実は、搬入の朝、高速のインターを降り損ね、一つ先から戻るという大失敗の大遅刻。まずはwaltz.さん大慌てで設営し、なのに少々ゆっくり#dilettantecafeでランチして、weekend booksさんで嵐のように陳列した後は、寝不足による頭痛&呼吸困難でダウン寸前、Su-haで晩ご飯を食べて帰るという野望は断念せざるを得ませんでした。

睡眠って大事・・・。今夜は、早めに眠って、明日、万全の体調でお会い出来るようにしたいと思っています。

おまけ。
e0055358_1002490.jpg
#dilettantecafe&waltz.の猫、あまきくん。搬入の日、waltz.が休業日だったので、顔を見せてくれました。なんて、可愛いのだ♡

by petitmusee | 2013-03-16 10:32 | 美しい紙とレースを訪ねる一日 | Comments(0)

紙もいろいろ。

「美しい紙とレースを訪ねる一日〜フランス、古物の愉しみ〜」のための紙達。搬入のための箱に詰めています。
e0055358_9521181.jpg
古い身分証明書のための台紙は、素っ気無いほどシンプルですが、惹かれる格好良さがあり、見つけると嬉しくなるものの一つです。

e0055358_9521394.jpg
こちらは、静かな祈りの時間に取り出したい、象牙の表紙が美しい小さな聖書。

生活に密着して来た「紙」という素材ですが、時が経ち、物語まで一緒に運んで来てくれた気がしてワクワクしてしまうのです。

by petitmusee | 2013-03-13 10:01 | 美しい紙とレースを訪ねる一日 | Comments(0)

昼と夜、光と影。

e0055358_2048826.jpg

いよいよ、あと一週間。「美しい紙とレースを訪ねる一日〜フランス、古物の愉しみ〜」は、今度の日曜日からの開催となります。

レースと紙ものを広げながら、こちらは夜?これは光のイメージでしょう?と悩みつつ、
どんな空間を作れるかワクワクしています。
by petitmusee | 2013-03-11 20:53 | 美しい紙とレースを訪ねる一日 | Comments(0)

手刷りのラベルたち、収まる封筒も美しく。

e0055358_1643480.jpg
美しい紙とレースを訪ねる一日 〜フランス、古物の愉しみ〜の準備、進めています。少々、焦りながら・・・。そんな気持ちも知らず、ギタール君が覗いているシルエット。

こちらのラベルに関しては、古い紙のこころブログに、もう少し詳しい画像で紹介しましたので、是非、ご覧になってみて下さいませ。

e0055358_1643653.jpg
これまでご案内してきたラベルよりも、今回ご案内するお品は、手刷りの、まるで版画作品のような美しさ。印刷店Sternのサンプルとして残っていたものですが、印刷の年月が記載されているものも多く感激です。

この画像の中にも、1904年、1913年、1901年、1924年と見えます。100年以上前であっても、これらの袋に収まり、日に当たることもなく眠っていたので、とても良い状態です。

しかし、来週搬入のイベント準備・・・「毎月、紙とレースの会もしているのに、そんなに大変?」と思われるでしょうが、お預けするのに、「この箱の中は500円、こっちの箱の中は1,600円ですよ〜。書いてないのは、いくらか聞いてね。」というわけには行かず、一枚ずつ袋に入れ、値札を付けるのは、以外と大変。しかし途中経過も報告せねば!ブログ更新でありました。さー、続きを!

by petitmusee | 2013-03-06 17:02 | 美しい紙とレースを訪ねる一日 | Comments(0)

matin frais さんにペンキ塗りを習いに。

e0055358_23575882.jpg
とあるお天気の日、こんな自作照明オブジェのリビングにお住まいのmatin fraisさんへ。ペンキ塗りのコツを習いに来たのに・・・、失礼と思いつつ、もうキョロキョロです。どこもかしこも、matin fraisの世界が広がっていました。プチミュゼでお求め頂いたものたちがお部屋に馴染む様子も嬉しくて、カシャカシャ撮らせてもらいました。

e0055358_23575523.jpg
Sternのラベルは、紙箱に貼ってペイントも。

e0055358_23595245.jpg
古いタグは壁のアクセントに。

e0055358_23595768.jpg
matin frais作品にも活きているレース達は、ここでスタンバイ中でしょうか。

e0055358_23574924.jpg
お手製のケーキまで頂いて、幸せ♡

e0055358_23574520.jpg
そして、本題!ペンキ塗りのコツを習ったのは、美しい紙とレースを訪ねる一日 〜フランス、古物の愉しみ〜のための小物。麗しい極小の紙達を演出してくれるようにと、何度もペンキを重ねて作りました。もちろん、これはまだ途中。古い紙達に負けないように、美しく仕上がりますように。

by petitmusee | 2013-02-25 23:57 | 美しい紙とレースを訪ねる一日 | Comments(0)

紙モノ整理と準備は、続いています。

e0055358_0122920.jpg

ハンドプリントのラベルやカード達。実物を手に見て頂かないと、伝わらないかも・・・と、思うので、やはり実物を見に来て頂きたいのです。
e0055358_0184216.jpg

邪魔しているつもりもないでしょうが、(それどころか、きっと手伝っている気持ちでしょう!)カメラを向けると、そっぽを向くくせに、写真撮りをしていると、ぐいぐい入って来ます。

weekend booksさんに、こんなもの持って行きますよ!と、お伝えしようと撮影したところでした。
静岡での「美しい紙とレースを訪ねる一日 〜フランス、古物の愉しみ〜」は、3月17日(日曜日)から。
その前に、プチミュゼでの「小さな『紙モノとレースの会』Le 14ème」も、2月24日(日曜日)にあります。
by petitmusee | 2013-02-14 23:59 | 美しい紙とレースを訪ねる一日 | Comments(0)