今日は、こんな日。    ~ プチミュゼ店主の日日のこと+猫二匹~


by petitmusee

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Petit Musée

Petit Musée
東京都小平市上水新町2-1-5
Tel & Fax 042-346-5723
実店舗営業日時
木曜日・金曜日・土曜日 
11:00~18:00
/その他の曜日 アポイント制

le Petit Musee プチミュゼについて

propos de nous 私たち

petit cadeau 小さなプレゼント

検索

カテゴリ

全体
プチミュゼのおしらせ
骨董市出店の様子
小さな「紙モノとレースの会」
Special 特集商品について
ウチの看板猫さん達
買付け旅行
暮らしノート
小庭便り
美味しい話
映画って!
もっと本を
偏り音楽生活
美しい紙とレースを訪ねる一日
フランス、古い紙の愉しみ
グラヴールスターンの紙の世界
アクセサリーとハンカチフェア
古い紙とがらくた、秋の市
フランス、古い紙のこころ2
フランス、古い紙のこころ
11歳の夏休みへ。
旅のみちづれ展
あおときいろ屋

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 02月
more...

ブログパーツ

フォロー中のブログ

木曜日のベンチ
Parler de ch...
古い紙のこころ
Dentelles An...

ライフログ

DVD





BOOK





CD






ブログジャンル

雑貨
猫

フランス、古い紙の愉しみ

e0055358_20125434.jpg



e0055358_20144648.jpg


雑貨とブロカントの「プチミュゼ」と、デザイン&イラストレーションユニットの「BACCO」は、長く、イベントの企画・開催や、店舗ツールの制作などをする仲間です。

気が付くと、幾度、フランスへの「古い紙」探しの旅を共にしたことでしょう!
そこでは、双方の分野、買付けと探求の二つの側面を保ちつつ、まるで紙達に呼ばれるように、赴き、出会い、そして、ここに運ばれてきました。

紙にまつわる催しとして5回目となる今回は「フランス、古い紙の愉しみ」と題し、味わい深い1800年代後半~1920年代フランスの紙たちや、芸術と技巧が共存するStern Graveur(フランスの老舗高級彫版印刷店)で作られてきた様々な紙の世界をご紹介し、販売いたします。
BACCOは、これら古い紙を使った愉しみ方のご案内や、これまでデザイナーの目線から蒐集してきたコレクションの披露いたします。
プチミュゼは、「古い紙の愉しみ」ミュージアムショップを担当します。

美しい海岸線に恵まれた、沼津のアジアンカフェ、Su-Haさんの一角をお借りしての開催は、リラックスした休暇の中で愉しみを感じて頂ける、素敵な時間になることと思います。

会期:2010年9月23日(木・祝)~26日(日)11:30~22:00
      (日曜は19:00まで)

会場:ASIAN CAFE & DINNING Su-Ha
    〒410-0822 沼津市下香貫前原1477-1 沼津石材(株)2F
    TEL(055)931-0956 

    車でお越しの場合 
     国道414沿い、市役所より約4km

    バスでお越しの場合 
     沼津駅南口バスターミナル 西武デパート前
     伊豆箱根鉄道5番線より約15分
     八間町バス停下車

こちらクリック! PDFファイルをプリントアウトしてお持ち下さい。期間中、会場となるSu-Haでのドリンク5%offとさせて頂きます。
by petitmusee | 2010-09-23 00:00 | フランス、古い紙の愉しみ | Comments(0)