今日は、こんな日。    ~ プチミュゼ店主の日日のこと+猫二匹~


by petitmusee

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

Petit Musée

Petit Musée
東京都小平市上水新町2-1-5
Tel & Fax 042-346-5723
実店舗営業日時
木曜日・金曜日・土曜日 
11:00~18:00
/その他の曜日 アポイント制

le Petit Musee プチミュゼについて

propos de nous 私たち

petit cadeau 小さなプレゼント

検索

カテゴリ

全体
プチミュゼのおしらせ
骨董市出店の様子
小さな「紙モノとレースの会」
Special 特集商品について
ウチの看板猫さん達
買付け旅行
暮らしノート
小庭便り
美味しい話
映画って!
もっと本を
偏り音楽生活
美しい紙とレースを訪ねる一日
フランス、古い紙の愉しみ
グラヴールスターンの紙の世界
アクセサリーとハンカチフェア
古い紙とがらくた、秋の市
フランス、古い紙のこころ2
フランス、古い紙のこころ
11歳の夏休みへ。
旅のみちづれ展
あおときいろ屋

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
more...

ブログパーツ

フォロー中のブログ

木曜日のベンチ
Parler de ch...
古い紙のこころ
Dentelles An...

ライフログ

DVD





BOOK





CD






ブログジャンル

雑貨
猫

福永紙工×Petit Musée @ルミネ立川店 開催のおしらせ

e0055358_07140632.jpg
ありがとうございました。
こちらのイベントは、無事に会期終了致しました。



11月16日(木)よりルミネ立川店にて 「福永紙工×Petit Musée」がオープンします。

立川市で創業55年、印刷と加工の老舗である福永紙工さんにお声掛け頂き、プチミュゼの地元・立川にてPOP UP STOREの開催です。

紙という素材は長い時間私たちの生活に馴染んで、
いろいろな形でみなさんの手に触れられています。

紙の可能性を追求し、いろいろな視点から紙を形にし続ける
立川市で創業55年の福永紙工とフランスの古い紙とレースを中心に、
アンティークのある暮らしを提案しているプチミュゼ。

共通する「紙」をテーマに、紙の経年を愉しんでもらえるような
食と暮らしを提案します。

会期:11月16日(木)〜30日(木)
時間:平日 :10:00〜21:00
   土日祝:10:00〜20:30
場所:ルミネ立川店2F東側イベントスペース

e0055358_08042241.png
e0055358_08042947.jpg
福永紙工さん:東京都立川市で創業して55年。
印刷から加工まで一貫して製造できる工場です。
クリエイターと一緒に工場の技術を活かしたオリジナル製品の企画、製造と販売をされています。

福永紙工さんは、かみの工作所などのプロジェクトを運営されています。



食と暮らしがテーマになりますので、プチミュゼは様々なアンティークを並べます。もちろん紙モノも色々と持って参りますので、福永紙工さんの作り出す新しい紙との取り合わせなどお楽しみ下さいませ。




会期も長めの15日間。ほぼ毎日、アイテム補充をしながら、私か焙煎人のどちらかが福永紙工スタッフさんと一緒に会場におります。(25・26日の2日間のみ店頭におりません。)


会場の「ルミネ立川店2F東側イベントスペース」は、立川駅を利用されている方なら「えー!?あそこで?!」とお分かりになると思います。駅コンコースに面した2F、UNITED ARROWSとTOMORROWLAND、IÉNAの前。小さなイベントスペースですが、とても便利な嬉しくなる場所になります。

皆様、是非、お立寄り下さいませ。


フェア期間中、(ご近所さんなら皆さん御用達ですね*)ルミネ立川店B1F「the kitchen」では、集中レジのお買い物袋が、福永紙工のオリジナル紙袋に!(数量限定ですので、どうぞお早めに♩)



by petitmusee | 2017-11-14 10:16 | プチミュゼのおしらせ | Comments(0)